キャッシングの時効

実は、キャッシングには時効があります。
時効は原則5年で成立となり、返済義務がなくなります。

しかし・・・

「じゃあとにかく5年逃げ切れば借入はチャラになるんだ!」・・・とはなりません。
キャッシング会社もプロですから、裁判所を通した請求行為や差し押さえなどの「時効の中断」という法律技を駆使し、そう簡単に逃げられないようにします。

当然ですよね。
借りたものを返さないで逃げようとする人に対して、そのまま放置などするはずがありません。

しかも、仮に時効が成立したところで、今後は「信用力」がガタ落ちになります。
新たにキャッシングすることができないだけでなく、クレジットカードを持つことすら危なくなるかもしれません。

さらに、仕事にもどういう影響を及ぼすかもわかりません。
何かのきっかけで取引先や仕事仲間などに「キャッシングしたお金を時効で逃げ切ったらしい」と知られてしまえば、もう誰からも信用してもらえなくなるでしょう。

「闇金相手に返済しなかった」というような場合は別ですが、正規の業者から借り入れているのに借りたものを返さないような人と付き合いたいと思う人はまずいません。

こういったことから、キャッシングで借りたお金には一応時効があるものの、それを利用して返済せずに済ませようなどとは絶対に考えないようにするべきです。



頼れるキャッシング比較【キャッシング・ローン比較】 トップページへ戻る

   良く分かる!キャッシング講座

キャッシングをする上で必要な知識や賢い借り方、キャッシングにまつわるコラムなどを随時更新!
⇒ 良く分かる!キャッシング講座 一覧へ

このページの先頭へ