銀行系キャッシングとは?

消費者金融会社の中には、「銀行系」と呼ばれるキャッシング会社があります。
キャッシングの世界では頻繁に使われる言葉なので、聞いたことがある人も多いと思われます。

まず、「銀行系キャッシング」とは何なのか?
簡単に言ってしまえば、「銀行がやっている個人向けキャッシングサービス」という感じです。

ただ、銀行が直接サービスを提供しているわけではなく、銀行がお金を出して作った会社や、銀行の傘下に入った既存の消費者金融会社などが運営しているサービスとなります。


銀行系キャッシングの特徴は、主に以下の2点。

●消費者金融よりも審査が厳しい
●消費者金融よりも金利が安い


それでは、上記2点について個別に解説していきます。


【消費者金融よりも審査が厳しい】
「審査が厳しい」と言われるとしり込みしてしまうかもしれませんが、きちんと定職を持っていればほぼ大丈夫です。
(他からものすごい借りている、といった場合は別ですが・・・)

サラリーマンよりも安定に欠けると言われている自営業やアルバイトの場合でも、よほどひっ迫していなければ審査に落ちることは少ないと思われます。

審査が厳しめと言われている銀行系ですが、要は「定収入があるかどうか」が重視されますので、そこをクリアしておけば、あとはよほどの問題を抱えていない限りあまり心配する必要はないでしょう。
銀行から直で借りることを思えば、全然ハードルは低いです。


【消費者金融よりも金利が安い】
どこからのバックアップもなく、自力で運営している消費者金融よりも、銀行のバックアップがある銀行系キャッシングの方が遥かに資金力があるため、安い金利で貸し出すことが可能となります。

そのため、消費者金融に比べて、銀行系キャッシングは金利が安いことが特徴です。



以上のことから、初めての借入の場合は、まずは「アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)」のような銀行系のキャッシング会社を利用する方がよいでしょう。

そして、銀行系で借入が難しかった場合は、より審査のハードルが下がる消費者金融を検討する、という流れで。



頼れるキャッシング比較【キャッシング・ローン比較】 トップページへ戻る

   良く分かる!キャッシング講座

キャッシングをする上で必要な知識や賢い借り方、キャッシングにまつわるコラムなどを随時更新!
⇒ 良く分かる!キャッシング講座 一覧へ

このページの先頭へ