リボルビング払いの種類

返済方法の一つである「リボルビング払い」。
リボルビング払いとは、「毎月あらかじめ指定した一定額を返済する方式」です。

しかし、一言でリボルビング払いといっても、その中にはいくつかの種類があります。

ここでは、リボルビング払いの種類について解説していきます。

まず、リボルビング払いには、大きく分けて「定額方式」・「定率方式」・「残高スライド方式」の3つがあります。
そして、この3つの中にもさらにいろいろな種類があります。
 

≪定額方式≫
定額方式には主に2つの方式があります。

1つは、毎月あらかじめ指定した一定額を支払い、その返済した一定額の中から利息を差し引いた金額を元金返済に充てる「元利定額リボルビング方式」

もう1つは、毎月あらかじめ指定した一定額をすべて元金返済に充て、それとは別に利息も支払う「元金定額リボルビング方式」

後者の「元金定額リボルビング方式」の方が、元金返済に充てる額が大きく毎月支払う一定額も増える為、「元利定額リボルビング方式」よりも早く返済が終了します。
 

≪定率方式≫
定率方式にも、「元利定率リボルビング方式」と「元金定率リボルビング方式」の2つの方式があります。

どちらも、毎月の締め日における借入残高を確定させるまでは同じです。
そこから、「元利定率リボルビング方式」の場合は、借入残高に利息を加えた額に対して指定した割合で返済し、「元金定率リボルビング方式」の場合は、借入残高に定率を乗じた返済額に利息も加えて返済します。

定率方式の場合は、常に借入額に対して100%未満の返済となるため、理論上は返済が完了しません。
よって、借入額が残りわずかとなったら、自ら一括返済を申し出る必要があります。
 

≪残高スライド方式≫
毎月の締め日における借入残高を確定させ、借入残高に応じて段階的に返済額を変更する方法。
返済額が段階的にスライドしていくことから、「残高スライド方式」と呼ばれます。

残高スライド方式にも、「元利定額リボルビング方式」・「元金定額リボルビング方式」・「元利定率リボルビング方式」・「元金定率リボルビング方式」が存在します。
仕組みは、上記の定額方式や定率方式の場合とほぼ同じで、それに「残高に応じて返済額が変化するスライド制」が加わっている、という感じです。



頼れるキャッシング比較【キャッシング・ローン比較】 トップページへ戻る

   良く分かる!キャッシング講座

キャッシングをする上で必要な知識や賢い借り方、キャッシングにまつわるコラムなどを随時更新!
⇒ 良く分かる!キャッシング講座 一覧へ

このページの先頭へ