キャッシングとカードローンの違い

「キャッシング」と「カードローン」。
言葉が違うのだから当然意味も違うはずだ、と考えるのが普通ですが・・・

実は、それほど大きな違いはありません。
ほぼ同じだと考えても大丈夫です。

どちらも、無担保で使用目的も自由。
呼び方が違うだけで、中身はほとんど一緒なのです。

それでも強いて違いを挙げろと言われれば、「返済方式」でしょう。

返済方式には、大きく分けて「一括払い」・「分割払い」・「リボルビング払い」の3つがあります。
そして、カードローンにはリボルビング払いがあるがキャッシングにはない、というのがキャッシングとカードローンの違いだと言われています。

しかし、キャッシングだがリボルビング払いにも対応している、というサービスも普通に存在するため、その線引きは非常に曖昧です。


こういったことから、いざお金を借りようという時に、「キャッシングかカードローンか、どちらを選べばいいのか?」といった迷い方は間違っていると言えます。

言葉に惑わされてはダメです。
大事なのはサービス内容。
金利だったり、返済期間だったり、返済方法だったり。

キャッシングであれカードローンであれ、そのサービス内容を比較し、自分に合っていると思える方を選択していくべきでしょう。



頼れるキャッシング比較【キャッシング・ローン比較】 トップページへ戻る

   良く分かる!キャッシング講座

キャッシングをする上で必要な知識や賢い借り方、キャッシングにまつわるコラムなどを随時更新!
⇒ 良く分かる!キャッシング講座 一覧へ

このページの先頭へ