専業主婦のキャッシング

個人の借入総額が、「原則年収の3分の1まで」に制限されることになった総量規制。
2010年6月18日に施行され、一部では大きな波紋を呼びました。

特に影響を受けたのは、専業主婦の方ではないでしょうか?
「夫に隠れてこっそり借りる」ということが一切できなくなってしまったので。
収入の無い「専業主婦」は、収入のある夫からの同意がない限り、キャッシングをすることができないわけですから。

ちなみに安定収入があれば、アルバイトやパート主婦の方の場合でも借入できることもあります。
勤続年数や収入額や勤め先の会社など、一定条件をクリアすれば審査に通る場合もありますので。

しかし、専業主婦となると、無収入となることがほとんどなので、単独で借入することはほぼ不可能ということになります。
借りられるとすれば、夫の同意を前提とした借入となります。

もし「夫の同意がなくても借りられる」といったことを謳っている業者があれば、一部の総量規制対象外業者を除いては、ヤミ金融の可能性も出てくるので注意が必要です。

本来ダメなことを「できる」と言い張っているわけですから、当然違法行為を前提としている危険性があります。

「それでも借りられるなら・・・」などという間違った考えに支配されないように是非ともご注意ください。
そんなところから借りるよりは、夫にきちんと事情を話して納得してもらってから借りる方が遥かに建設的です。



頼れるキャッシング比較【キャッシング・ローン比較】 トップページへ戻る

   良く分かる!キャッシング講座

キャッシングをする上で必要な知識や賢い借り方、キャッシングにまつわるコラムなどを随時更新!
⇒ 良く分かる!キャッシング講座 一覧へ

このページの先頭へ