キャッシングは家族の理解を得てから

「小遣いが足りないなぁ・・・ アレも欲しいしコレも欲しいなぁ・・・ でも嫁(旦那)に言うと怒られそうだし・・・ そうだ! キャッシングでこっそり借りちゃえばいいんだ!」

こんな考えを持ってしまう人、いませんでしょうか?

確かにキャッシングは、家族やパートナーに知られずにお金を借りるには最適な方法。

親兄弟から借りたりすれば、ちょっとしたことからバレてしまう可能性があります。
友人や知り合いから借りるのはなお悪く、ただバレるだけでなく、せっかく築いてきた人間関係が完全に壊れてしまうこともあるでしょう。
お金の力というのは、それだけ強いものです。

しかしキャッシングならば、きちんと返済している限りはまずバレることはありません。
ちゃんと返済している限り、何か郵送されてきたり電話がかかってきたりすることはないのですから。
かつ、誰との間でも人間関係を悪化させることはありません。

とはいえ・・・

やはり家族などの身内の人間に内緒でキャッシングするのは避けた方が良いでしょう。
家族に内緒でのキャッシングは、大きなトラブルの元となりかねませんので。

家族は、利害関係を共にする非常に密接な間柄。
それだけに、お金の隠し事は極力避けなければなりません。

お金でのトラブルは本当に大変です。
浮気などのトラブルももちろん大変でしょうが、お金、特に借金でのトラブルは生活自体を脅かす場合がありますから、より深刻なトラブルに発展しやすいのです。
最悪、離婚といった事態も招きかねません。

ですので、どんなに小さな額をキャッシングする場合でも、できればきちんとパートナー(嫁や旦那)に「これこれこういう理由でお金を借りたいんだ」と伝えてからキャッシングするべきです。


・・・と、以上が理想論なのですが、人生にはそうも言っていられない時もあるでしょう。
どうしてもパートナーに伝えずに借りたい、ということもあるでしょうから。

そういう場合は、「100%確実に返済のアテ」があり、「金額も比較的少額」ならばギリギリ許されるものと個人的に思っています。
近々給料やボーナスが支給され、そのうち確実に返済に回せるお金がある、という場合など。

いくら夫婦などの密接な関係とはいえ、どうしても「内緒で必要になるお金」というのは人生には付き物だと思いますので。。

でも、間違っても「この馬券が当たれば返せる・・・」 「確変引いて5連チャンさせれば返済できる・・・」といった不確定な要素を返済のアテにしてお金を借りるようなことはしないでください。。。



頼れるキャッシング比較【キャッシング・ローン比較】 トップページへ戻る

   良く分かる!キャッシング講座

キャッシングをする上で必要な知識や賢い借り方、キャッシングにまつわるコラムなどを随時更新!
⇒ 良く分かる!キャッシング講座 一覧へ

このページの先頭へ