キャッシング申込の際の在籍確認の電話について

キャッシングへの申し込みをする際に、こんなことを考える人もいらっしゃるはず。

「できれば誰にも知られずに借りたい・・・ だから、会社や自宅に連絡があったら困る・・・」

しかしキャッシング申込の際に、会社へ電話がかかってくることは避けられません。
在籍確認といって、本当にその会社に在籍しているかを確認するために電話をするのです。
無職の人にキャッシングをさせるわけにもいきませんから。

ただし、知人・友人を装って電話してくれることがほとんどですので、キャッシング会社からの電話だと悟られることはありません。

いきなりキャッシング会社名を名乗ったりはせず、必ず個人名で「鈴木ですけど」「佐藤ですけど」という感じで名乗り、あなたがその会社に本当に在籍しているかを確かめます。

在籍を確認するだけなので、その際に本人が不在でも問題ありません。
電話を受けた人が「●●はただいま席を離れておりまして」と答えれば、それでOKです。


ただ、会社勤めをされている方はお分かりかと思いますが、仕事絡みではない知人・友人から直接会社に電話がかかってくることって、あんまりないですよね。。

しかも最近では、「在籍確認で、知人・友人を装って会社に電話をかけてくる」というのは周知の事実となってきており、電話を受けた側も「ああ、在籍確認か」とすぐにわかるはず。

とはいえ、在籍確認は何もキャッシング契約の時だけに行なわれるわけではありません。
クレジットカードを持つ場合でも、在籍確認は行なわれます。

クレジットカードを契約するための在籍確認なら、そんなにイヤではないですよね?
クレジットカードの契約は、ごく一般的に行なわれることですから。

なので、もし会社で電話を受けた人から「今日、在籍確認っぽい電話があったよ」と聞かれたりしても、「ああ、そうなんだ。 いやぁ、クレジットカードを新しく契約してね。」とでも言っておけばいいわけです。


「会社に連絡がある」ということに少し抵抗を感じる人がいるかもしれない、この在籍確認。

しかし、なんだかんだで「普通に知人・友人から電話がかかってきたんだ」と思う人も結構いるでしょうし、在籍確認だと思われたとしても、クレジットカード契約の場合も往々にしてあるわけですから、特に気にする必要はありません。



頼れるキャッシング比較【キャッシング・ローン比較】 トップページへ戻る

   良く分かる!キャッシング講座

キャッシングをする上で必要な知識や賢い借り方、キャッシングにまつわるコラムなどを随時更新!
⇒ 良く分かる!キャッシング講座 一覧へ

このページの先頭へ