総量規制後の審査基準の変化

2010年に導入された「総量規制」。
基本的には年収の1/3までしか借入ができなくなる、という規制で、キャッシング利用者保護を謳って施行された法律です。

しかし実際は、利用者を苦しめるだけの悪法だという声も多い模様。

この総量規制により、まともなキャッシング会社から借りられなくなった人たちが闇金融に走ったり、生活が行き詰ったり、内緒の借金がバレて家庭崩壊に繋がったりと、いろいろな問題も起こっています。

特に闇金融業者にとってはおいしい規制となってしまうのが最も納得のいかないところ。
裏の人間を喜ばせるような規制はいかがなものでしょうか・・・

もちろん、この総量規制によって救われる人も多くいらっしゃるのでしょうが、病気などのやむを得ない理由でどうしても急場しのぎのお金が必要な時でも、既に年収の1/3以上借りていたら借入はできない、などの不利益もあり、手放しで褒められるような規制ではないと思われます。


そして、総量規制後に変わったことは他にもあります。
それは、キャッシング申込をした際の「審査基準」について。

総量規制後は、特定の信用機関を通しての審査が義務付けられています。
この信用機関には、債務者についての様々な情報が登録されています。
もちろん、年収情報も。

当然キャッシング会社は皆、同じ情報を閲覧するわけですから、審査基準については、総量規制前ほどのバラつきはなくなってきているのかもしれません。
総量規制によって審査する内容も限定されたでしょうし。

もちろん、同じ情報を照会したとしても、それをどう受け取るかは各キャッシング会社によって違うでしょうから、多少のバラつきは出ると思います。

しかし、「年収の1/3まで」という大原則があり、年収情報もしっかりと登録されているわけですから、既に年収の1/3以上の借入がある場合は、審査を通過することはほぼ期待できないと考えておいた方がよいでしょう。


まとめとして、、、

総量規制前よりも総量規制後の方が、審査基準に関してはバラつきが少なくなってきた、ということが言えるでしょう。

しかしだからといって、一か所落ちたからもう諦めなければいけない、ということではありません。
あくまで「バラつきが少なくなってきた」だけであり、「バラつきが無くなった」わけではないのです。

各社それなりの独自審査基準があるでしょうから、「借入額がデッドラインを超えている」などの完全アウトな状態ではない限り、申し込みをしてみる価値はあるものと思われます。



頼れるキャッシング比較【キャッシング・ローン比較】 トップページへ戻る

   良く分かる!キャッシング講座

キャッシングをする上で必要な知識や賢い借り方、キャッシングにまつわるコラムなどを随時更新!
⇒ 良く分かる!キャッシング講座 一覧へ

このページの先頭へ