貯金が先か返済が先か

キャッシングを利用している状態で、少しお金に余裕ができた。
さてこんな時、このお金はどうしますか?

使い道としては、「貯金」・「返済」・「浪費」のいずれかになると思います。
まあ、「浪費」は論外なのではずすとして・・・

となると、「貯金」か「返済」かに絞られます。

それでは、どちらを優先すべきでしょうか?

答えは、断然「返済」を優先すべきです。

単純な話で、キャッシングに対して支払う「金利」と、貯金した時に貰える「金利」、どちらが高いかを考えればいいのです。

キャッシングの金利は、大体5%~15%くらいの範囲になりますが、銀行へ預金した場合の金利は1%すら夢のまた夢。
雀の涙ほどの金利しかつきません。

それならば、払わなければいけない5%~15%の金利分をなくすために、余ったお金は全力で返済に回すくらいの気でいた方がいいでしょう。

なんなら、少し返しすぎるくらいでもいいと思います。
返しすぎて手元に残ったお金が少なくなれば、まずはその少ないお金でなんとかやりくりしようという気持ちが少なからず湧いてくるはず。
必然的に、節約に繋がると思います。

そしてもしお金が足りなくなれば、もう一度借りることもできます。
返済していた期間が一時的なものであろうと、少なくともその期間には金利がかからないわけですから若干お得になります。


ただ・・・
気軽にポンポンと返す⇒借りるを繰り返すと、変な借り癖がついてしまうというデメリットもあるのですが・・・

ですので、変な借り癖をつけないためにも、返済するときに「またすぐ借りればいい」という気持ちで返済を行うのは避けるべきですね。

返済のたびに、「よし、ここからは手持ちのお金で乗り切るぞ!」としっかり誓いましょう。
そして、もし乗り切れなかったら自分に罰を与えるようにするのもいいかもしれません。
晩飯抜きとか、趣味の釣りを一か月禁止とか。

・・・まあ、いくら罰を設けたところで、強い意志がなければどうにもならないことですが・・・


とにかく、キャッシングをしている状態でお金が余ったら、貯金よりもまずは返済。
金利差を考えればこれは当然ですので、是非返済を優先してください。



頼れるキャッシング比較【キャッシング・ローン比較】 トップページへ戻る

   良く分かる!キャッシング講座

キャッシングをする上で必要な知識や賢い借り方、キャッシングにまつわるコラムなどを随時更新!
⇒ 良く分かる!キャッシング講座 一覧へ

このページの先頭へ