保証人と連帯保証人の違い

管理人は一応法学部出身です。

学生の間はあまりそのことを意識していなかったのですが、実際社会に出てみていろいろな人と話をしていると、法律的に常識とされていることが意外と知られていないということに気付き、「なんとなく通ってた大学だけど、それなりには身についているもんなんだなぁ」などとちょっと嬉しく思っていたりします。

そして、意外と知られていないなぁと驚いたことの一つが、「保証」と「連帯保証」の違いについて。

でも、冷静に考えてみたら当然のことなんですよね。
文系の自分には、理系の小難しい法則・公式みたいなものが全然わからないわけですし。

でも、理系の人にとっては「なんでそんなことも知らないんだ?」という感じでしょう。

法律も、普段接してこなかった人にとっては小難しい法則・公式と同じに感じられるはず。


さて、保証人と連帯保証人の違いについてですが、、、

単なる保証人の場合は、貸主はまず借主のところへ請求に行きます。
そして、借主に返済能力がないと判断した場合のみ、保証人から取り立てようとするのです。

しかし、連帯保証人の場合は違います。
なんと、連帯保証人というのは自分が借りたも同然の扱いを受けるのです。

つまり貸主は、借主に返済能力があろうとなかろうと、いきなり連帯保証人の元へ取り立てに行ってもよいのです。

いざ取り立てに来られた時に、連帯保証人が「まずは借主から取り立ててくれ」と言っても無駄。
連帯保証をしている以上、借主と同等の責任を負います。


ただし、代わりに返済した後は元々の借主への求償権を得ることはできますが。

まあ、せっかく求償権を得ても、元々の貸主に返さないような人から取り立てるのは相当厳しいと予想されます。


結論。
よく言われる格言である、「借金の保証人だけは引き受けるな」。
これはやはり絶対に遵守すべきだということです。

ましてや連帯保証などもってのほか。
友人・恋人はもちろん、親族でも考えなければなりません。

「保証」という行為が、どれだけの責任を負うものかを今一度しっかりと認識しておいてください。

その人の人生全部背負い込むくらいの覚悟がなきゃ出来ないことなんですから・・・・・

頼む方も、それを理解した上で頼むようにしてください。


ちなみに、このサイトで紹介しているような通常のキャッシング会社から借りる場合には担保・保証人は原則不要です。

必要となるのは、やたらと大きな額を借りる場合(事業用など)か、ちょっとヤバめな金融会社(闇金融など)から借りる場合です。

保証人が必要になってしまうようなキャッシングはなるべく避けましょう。



頼れるキャッシング比較【キャッシング・ローン比較】 トップページへ戻る

   良く分かる!キャッシング講座

キャッシングをする上で必要な知識や賢い借り方、キャッシングにまつわるコラムなどを随時更新!
⇒ 良く分かる!キャッシング講座 一覧へ

このページの先頭へ