恐怖の「名義貸し」

「ごめん、悪いんだけどさ、ちょっとだけ名前貸してくれない? いや、君に迷惑は絶対掛からないんだ。 名前貸してくれるだけでいいからさ! ね?」

あなたの周りでも、こんなことを言ってきた人がいるかもしれません。

また、今まではなくとも、これから言われることがあるかもしれません。


もしこんなふざけたことを言われた場合、断固として即拒否しましょう。
悩む余地なしです。

なぜなら、「名義を貸す」ということは、実際にお金を手にしたわけでもないのに法律上は自分が借りたことになってしまうのです。

「いや、名義貸しただけですから」なんてのは通りません。

実際にお金を手にした人が逃げてしまったり、「俺は払う気ない」とでも言われたら、もうそこでジ・エンドなのです。


裁判をしても当然負けます。

「名義貸すだけで自分が借りた事になるなんて知らなかった」

こんな言い訳も当然無駄です。
知らなかったで済むなら、世の中に警察も法律も裁判所もいらないのですから・・・


実際に、管理人の知人・友人も何人かこれに引っ掛かっています。

知り合い・友達に頼まれると断りづらい、というのが名義を貸してしまう最大の理由なようです。
しかし、簡単に「名義を貸してくれ」なんて言ってくる人に対しては、その場で断固拒否して、二度と自分に近寄らないようにはっきりと伝えるべきでしょう。

どんな言葉で頼まれようとも、名義貸しにだけは乗らないようにしてください。

まあ、その人が借りた分すべてを背負う覚悟があるのなら止めませんが・・・・



頼れるキャッシング比較【キャッシング・ローン比較】 トップページへ戻る

   良く分かる!キャッシング講座

キャッシングをする上で必要な知識や賢い借り方、キャッシングにまつわるコラムなどを随時更新!
⇒ 良く分かる!キャッシング講座 一覧へ

このページの先頭へ