返済が遅れたらどうなる!?

月々の返済が滞ってしまった場合、キャッシング会社側はどういった措置をとってくるのか?

テレビや映画なんかのイメージだと、いきなり家に来てドアをガンガン叩いたり、会社に怒鳴り込んできたりというシーンが浮かぶかもしれません。

確かに、一昔前は実際にそういったこともあったようです。

しかし今は『貸金業規正法』という法律がある為、そういった取立て行為が一切禁じられており、そのような目に遭うことはありません。


貸金業規正法の主な内容は、貸金業者としての登録の義務や取立て方法、連絡方法などについてです。

特に取立てに関しては厳しく規制されており、キャッシング利用者にとってはとても心強い法律となっています。

なにしろ、これを守らねば業者は業務が行えなくなってしまうのですから。

「訪問時間は1時間まで」・「訪問時の人数は2人まで」・「午前8時以前や午後9時以降に電話や訪問を行ってはいけない」などなど、キャッシング利用者が苦しまないよう細かく規制されています。

違反すると重い罰則が科されるので、業者はこの法を遵守するしかないのです。


では、実際に返済を遅らせてしまった場合はどうなるのか。

まずは、手紙や電話で借主本人に連絡が入ります。
そして、その対応は非常に丁寧な場合が多いです。

いきなり会社や実家に連絡がいくことはなく、まずは利用者本人とコンタクトを取ろうとします。

そこで、払えない場合は素直にその旨を伝えると、返済計画ついて相談に乗ってくれることもしばしばあるようです。


しかし、この連絡を意図的に何度も無視していると、そのうち会社や家族にも連絡がいく場合もあります。

連絡がいくといっても、「キャッシングの○○の者ですが」と名乗ることはありません。
あくまで友人・知人を装って連絡し、借主本人と連絡を取ろうとするだけです。


ここまできても無視を続けた場合、次はいよいよ自宅訪問となります。
貸し手としての最後の手段ですね。

そして、この段階まできてしまうと、結構厳しい言葉で叱られる場合が多いようです。

しかし、もちろん脅されたり暴力を振るわれたりすることはありません。
もしそんなことがあれば、すぐさま警察や法律家に相談しましょう。
そのキャッシング会社にクレームを入れるのも有効な手です。

まあ、今はそうそうそんな目に遭うことはないと思いますが。


もちろん、上記のような強引な取立ては違法だし、決して許されるものではないです。

でも、取立て人が多少感情的になってしまうのもわかる気がします。

借りるだけ借りて、いざ返す段になったら無視の一本やり。
これでは相手も感情的になってしまうでしょう。
やはり、借りたものはきちんと返すべき。

仮に返せないのならば、逃げ隠れせずに事情を説明し、誠意ある態度で臨めばトラブルになることもありませんし、嫌な思いもしなくて済みます。

無駄に不安がらずに、返せない時は素直に相談しましょう。



頼れるキャッシング比較【キャッシング・ローン比較】 トップページへ戻る

   良く分かる!キャッシング講座

キャッシングをする上で必要な知識や賢い借り方、キャッシングにまつわるコラムなどを随時更新!
⇒ 良く分かる!キャッシング講座 一覧へ

このページの先頭へ