悪徳業者の手口とその見分け方

悪徳金融、闇金融・・・・

今も昔もこれからも、きっとこういった組織はなくならないでしょう。
なくならない以上、我々としては引っ掛からないようにするしか防衛手段がありません。

まず、当サイトで紹介しているような会社や、テレビCMなどをガンガンにやっているような会社はまず問題ありません。
安心して利用できます。

やや危ないのが、雑誌の隅あたりにポツンと載っているやけに好条件な会社。
「ブラックの方でも担保・保証人不要で1000万円まで無審査」などなど。
普通に考えて、ありえないような条件が羅列されていたりします。

そして一番危ないのが、電柱や電話ボックスなどに宣伝文句が貼られていたり、チラシなどを郵便受けに入れてくるような会社です。

この中には、「ゼロ・キュー・ゼロ金融」のような悪質な会社もありますから。

ゼロ・キュー・ゼロ金融とは、会社の場所も登録番号も書かずに、携帯電話の番号しか書いていないような会社のこと。

携帯電話番号が090から始まることが多いことから、ゼロ・キュー・ゼロ金融と呼ばれるようになりました。

こうした会社のほぼ全てが法を無視する会社で、手段を選ばずに取立て、利用者を破滅へと導きます。

携帯の番号しか公開されていないため、被害に遭っても取り締まりが難しく犯人が捕まりにくいという特徴もあるため、特に注意が必要です。


あと、一般的に間違った解釈をされていることがあります。

それは、「貸金業者としての登録を済ませ、きちんと登録番号を持っている会社は信頼できるんだ」、という思い込み。

貸金業の登録番号とは、「○○県知事 (△)第○○○○○号」や「○○財務局長(△)第○○○○○号」のような番号。

実はこの登録番号、43,000円払えば誰でも登録を受けられるのです。
国が何らかの審査をしたりするわけではありません。

なので、登録を受けているから安心というわけではないのです。

「ウチは貸金業者の登録をして許可も受けてるから大丈夫」など言われても、それだけで信用するのはやめましょう。

むしろ、そんなところをアピールしてくるというところが逆に怪しいです。

まあ、登録を受けていなかったり、登録番号がデタラメな会社は論外ですが。
その時点で違法業者だということが確定しますから。


肝心な悪徳業者の見分け方ですが、実はこの「登録番号」をヒントにしてある程度見抜くことができます。

上でも書きましたが、登録番号とは「○○県知事 (△)第○○○○○号」のような形式で記されています。

注目すべきは、赤字にしてある(△)の部分。

この△の部分には、1,2,3といった数字が入ります。
そして、この数字は「その会社が何年間経営されているか」を表します。

この数字は、3年ごとに更新されていきますので、この数字が「1」の場合は、開業してから3年未満だということになるわけです。


しかし、この△の部分が「1」だからといって、危ない会社だということが確定するわけではありません。

これは当然ですよね。
どんなに優良な会社でも、まずは「1」からスタートするわけですから。

業者選びをする際は、こういった小技も活用しつつ自分に合ったところを見つけてください。



頼れるキャッシング比較【キャッシング・ローン比較】 トップページへ戻る

   良く分かる!キャッシング講座

キャッシングをする上で必要な知識や賢い借り方、キャッシングにまつわるコラムなどを随時更新!
⇒ 良く分かる!キャッシング講座 一覧へ

このページの先頭へ